中古住宅に関わる検査調査から工事までの総合ワンストップサービスを提供

  • 電話番号はこちら
  • 資料請求
  • 無料見積もり
TOP > 教えて!検NET > 既存住宅検査(インスペクション)とは

既存住宅検査(インスペクション)とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既存住宅検査(インスペクション)とは…

既存住宅検査(インスペクション)(以下、既存住宅検査と記載)とは中古住宅の建物の状況を確認する検査になります。
中古住宅の購入に関しては一般的に「不安」「汚い」「わからない」といった不安感が付きまとうものですが、このうちの「不安」「わからない」を解消する一つの手段となります。
弊社の既存住宅検査におきましては、建築士が現場を目視および簡易な計測機器を利用した検査を行います。
この既存住宅検査のポイントとなるのが、第三者による中立な検査という点です。

・既存住宅検査のメリット・デメリットとは…

中古住宅を購入したい方や、建物の状況を知るための一つの指標として知ることができるというメリットは非常に分かりやすいのですが、
中古住宅を売りたい方や宅建業者様にとっては「物件の価値が下がるのではないか?」といったデメリットを強く感じられる方もいるようです。

しかし、実際は中古住宅を売りたい方にとっても不動産業者様にとっても、大きなメリットがあります。
実際には中古住宅を購入した方から、購入後に「雨漏りがあるなど聞いていない」、「床に傾斜があるように感じられる」、
「以前の居住者(不動産業者)が隠していたのではないか」などのクレーム、
また、それに伴うトラブルや対応が発生するケースが多くなっています。

ここでポイントとなるのが第三者による中立な検査を実施しているという点です。
事前に第三者による検査をプロの検査員が実施することにより、雨漏りなどの事象が形跡として残っている部分だけでなく、
居住中には気が付きにくい床の傾斜などの事象も発見できる可能性があります。
この検査結果を購入者様に知らせて検査結果を確認したうえで購入者様は購入をされるのですから、
検査時に不具合がある部分がわかっていれば、こういったクレームやトラブルの発生は防ぐことができます。
また、「第三者による検査が行われている物件である」という「安心」も付加できます。

・検NET株式会社であればこういったことも可能です。

検NETでは既存住宅検査を行う際に、オプション検査として同時に設備の動作確認や耐震診断の検査も実施できます。
また、住宅瑕疵担保保険への加入に関する検査も同時実施可能ですので、
万が一、居住中に分からなかった雨漏りなどが発生した場合にも住宅瑕疵担保保険により補修対応が可能になるため、
購入者様に対してのアピールポイントとして中古住宅の価値を高めることも可能になります。
また、ワンストップでリフォームまで対応しておりますので、残る不安感の「汚い」に関しても解消して物件価値を高めることも可能です。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

タグ