中古住宅に関わる検査 調査(インスペクション)から工事までの総合ワンストップサービスをご提供

TOP > 教えて!検NET > 建物状況調査員の技術向上を目的とした研修実施のご報告

建物状況調査員の技術向上を目的とした研修実施のご報告

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年1月より実施しております「一般社団法人 全国住宅技術品質協会」の建物委員会の研修会へ委員長としてご挨拶させて頂きました。
札幌から福岡まで全国10ヶ所の研修を現在実施しております。
主な内容は、4月より施行されたました建物状況調査の検査時の課題、検査員の技術、信頼の向上に向けた内容で、
当社団の今後の活動方針と合わせて、ご挨拶をさせて頂きました。

課題として、築年数の経過した木造の戸建に多くみられる雨ジミ、水ジミについて、建物状況調査時にどのようにすれば、見逃さずに適切な見解が示せるか、そして調査全体の精度を高められるか、検査員が把握できる情報量の中から、より多くの視点で調査に挑むにあたり必要な事について
ディスカッション形式等の工夫を凝らしながら研修しております。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

タグ