建物検査

TOP > 建物検査

現況の維持管理の状態を把握し、補修工事の必要性等の確認を行い、資産価値の維持・向上を図ります。

既存住宅現況検査(インスペクション)

既存住宅現況検査(インスペクション)

既存住宅(中古住宅)をより安心して取引できるよう、また消費者の利益をいっそう保護し流通の促進と市場の拡大を図るため、2016年5月に宅地建物取引業法の改正が成立しました。これにより、既存住宅の取引において「媒介契約締結」「重要事項説明」「売買契約締結」の3シーンにおいて宅建業者から消費者に対して建物状況検査(インスペクション)の斡旋や説明を行う義務が発生いたします。 この改正にともない、今後はインスペクションの必要性とサービス向上が見込まれます。

私たちは、累計13,000件以上(戸建・共同住宅等)の検査の実践のなかで信頼を確立しており、さらに便利な調査予約方法、検査員の技術・マナー等、サービスの向上を余念なく図っています。

瑕疵保険検査

当社が被保険者となり検査を実施いたします。
既存住宅現況検査(インスペクション)時にオプションとして、同時に検査することも可能です。
さらに、不適合箇所がある場合は、必要な検査項目に適合できる是正プランとお見積りを発行いたします。
工事まで当社にて行い、保険付与の確率を格段に高めます。
※不適合の項目や建物の状態により是正できない場合もございます。
「住宅瑕疵担保履行法」に基づく保険として、下記の各保険受付・検査業務を取り扱いしています。

ご要望に応じて選べます。
※保険期間は引渡し日から1年間または5年間
※保険金額は1住戸あたりの支払限度額500万円または1,000万円取り扱いしています。

住宅設備検査

住宅設備検査

既存住宅は、住み始めてからの設備の故障がもっとも心配です。
住宅設備検査を受けることで、キッチンや浴室、トイレ、洗面、化粧台等までの住宅設備の状態を確認できます。
なお、インスペクションと同時の申込みが必要となります。

 

シロアリ調査

シロアリ調査

木造住宅においてシロアリの被害は建物の構造上の安全におおきな不安を残し、資産価値を損なう現象です。
当社では専門の提携会社により、基礎の中まで確認し、状況を把握して報告書を作成いたします。
状況に応じて、予防処理やシロアリ駆除を行い保証をご提供いたします。

 

木造耐震診断

木造耐震診断

住宅の大原則は、生命を守ることです。耐震強度は、木造の既存住宅購入の際に、もっとも重視される対象です。
当社では図面等がなくても、現地の調査を行い、図面の作成から耐震基準適合証明書の発行まで対応いたします。
条件により税制の緩和を受けられる場合がございます。
また、自治体によっては、耐震診断費用の助成を受けられる場合もございます。 

 

擁壁調査

擁壁調査

地震の多い日本で心配されるのは家屋だけでなく、住宅や敷地に付帯する擁壁も重要視されるべき築造物です。
当社では、国土交通省発行のガイドラインをベースに目視を中心に調査を行います。また、擁壁の一部を採取し、コンクリートの強度や中性化の進行、赤外線によるコンクリート内の鉄筋の配筋状況の調査も可能です。
擁壁の現状を調査し、安全性に関する診断を行い、報告書を作成します。
※擁壁の安全性を保証する調査ではございません。

電話でのお問い合わせはこちら

WEBからのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 無料見積もり依頼