中古住宅に関わる検査 調査(インスペクション)から工事までの総合ワンストップサービスをご提供

埼玉のインスペクション・住宅診断・瑕疵保険検査なら「検NET」

TOP > インスペクション エリア > インスペクション 埼玉エリア

既存住宅に関わる検査・調査から工事まで
総合的なワンストップサービスを実現

検NETは、「建物調査業務」「雨漏調査業務」「リフォーム工事」の3つを柱に、インスペクションから住宅履歴情報サービスの無料発行、建物に関わる法務相談、さらには検査に関するシステムの企画・開発まで、ワンストップで対応しています。

検NETが選ばれる理由

検査実績累計5万件以上! 検査から是正工事、 瑕疵保険への加入までしっかりフォローいたします。

​​ご自宅の売買を前提に実施されるケースが多い既存住宅検査(インスペクション)では、居住中の住宅の検査が大変多く、検査員には技術以上にマナーや接遇が求められ、居住者の立場での理解が不可欠となります。 当社の5万件以上の実績は技術だけではなく、質の高い検査員教育の継続の賜物であり、当社の強みでもあります。 売主様へは検査員の素行やマナーが仲介業者のイメージへと繋がります。 我々の実績がしっかりフォローさせていただきます。

建物調査の詳細へ

お問い合わせはこちらへ
建物調査業務
STEP.1
お問い合わせ

検NETのホームページよりお問い合わせください。
(不動産仲介会社に申込を代理で行えるか相談されることをおススメします。)

お問い合わせ・ご相談はこちら
STEP.2
お申込み

御申込書をお送り致します。
内容をご確認のうえ、 メ ールもしくは郵送にてご返送ください。
検査希望日は、 日・祝を除く、 7~10日以降の日程で、 ご入力をお願い致します。

お申し込みはこちら
STEP.3
検査実施

検査当日は、原則、お立会いいただくことをお願いしております。
立会いの無い場合は鍵の開け閉めのご対応をお願い致します。また、検査後の家財や建物の損傷および家財などの紛失等による損害や、その対応については一切責任を負いかねますのでご了承ください。
なお、不具合事象や検査結果についての現地でのご説明はおこなっておりません。あらかじめご了承ください。

STEP.4
検査料金の
ご入金

検査日が確定次第、 請求書を発行いたします。
検査実施後3日以内にお支払い下さい。

STEP.5
報告書のご提出

ご入金の確認が出来次第、 報告書の御提出となります。
報告書はPDFデータでの納品となります。
報告書内容についてのご質問は、電話やメール、リモート対応にて承っております。お気軽にお問合せください。

中古住宅インスペクション

一戸建住宅
費用 基本調査 33,000円(税抜)~
※面積によります
オプション項目
  • 給排水管路のチェック
  • 床下進入調査
  • 小屋裏進入調査
  • 設備稼働検査
  • 電気設備検査
  • 全写真データ
報告書作成 図面(キープラン)付きなので見やすい報告書
重要事項説明の内容も含まれます。
※基本調査に含まれます
マンション専有部
費用 基本調査 31,000円(税抜)~
※面積によります
オプション項目
  • 給排水管路のチェック
  • 屋上防水検査
  • 設備稼働検査
  • 電気設備検査
  • 全写真データ
報告書作成 図面(キープラン)付きなので見やすい報告書
重要事項説明の内容も含まれます。
※基本調査に含まれます

引渡前インスペクション・竣工検査

一戸建住宅
費用 基本調査 45,000円(税抜)~
※面積によります
オプション項目
  • 床下進入調査
  • 小屋裏進入調査
  • 設備稼働検査
  • 電気設備検査
  • 全写真データ
報告書作成 図面(キープラン)付きなので見やすい報告書
※基本調査に含まれます
マンション専有部
費用 基本調査 40,000円(税抜)~
※面積によります
※設備稼働検査と電気設備検査も含まれます
オプション項目
  • 全写真データ
報告書作成 図面(キープラン)付きなので見やすい報告書
※基本調査に含まれます
  • 新築・リノベーション住宅を購入されるお客様へ
  • ハウスメーカー 工務店様へ
検査
検査

日本の不動産業界で『インスペクション』と言えば、ほとんどの場合『建物状況調査』のことを表します。しかし、『インスペクション』はただの英単語で日本語訳は検査、点検のことを意味し(weblio:英和和英辞典より)、広範囲で使用されるため、新築・中古住宅で行われている様々な検査、調査も実際はインスペクションと言えます。

宅建業法改正後には一般の消費者も馴染みやすいよう、日本では『インスペクション』 = 『建物状況調査(既存住宅状況調査)』として認知され、今はすこしずつそのように定着されつつあります。
そして、その建物状況調査ですが、中古住宅を一般の消費者間(法人含む)で売買する際、媒介契約を結んだ仲介業者がインスペクションを行う検査会社のあっせんの可否を示し、売主買主の意向に応じてあっせんすることとなっております。検査の内容は瑕疵保険検査の検査内容とほとんど変わりがありません。建物状況調査は調査を行う事に意味があり、売主買主双方が建物の状態を理解し、共有することで売買後、引渡後のトラブルを軽減させる目的があります。

対して、瑕疵保険検査は1年又は5年間等の保険に加入する為の検査となります。状況調査では不具合の部分があっても売主買主双方が確認していれば売買契約はそのまま進みます。しかし、瑕疵保険検査で不適合があれば保険の加入が出来ないことになります。
また、建物状況調査の結果を用いて瑕疵保険に加入する制度もあり、状況調査と瑕疵保険の検査の内容は似ているのです。(保険法人により調査内容は若干異なる場合があります。)

瑕疵保険の付保証明書で住宅ローン減税(2021年3月時点)を受けられますので、購入者にとってはメリットが大きいと言えます。

【契約前の方】
実は、住宅の購入や売却において、ホームインスペクションは極めて重要な役割を果たします。
特に、購入を検討している段階でのホームインスペクションは強くおすすめします。

なぜなら、契約を結ぶ前に物件の状態や潜在的な問題を把握することができるからです。
ホームインスペクションの結果を元に、将来の修繕や費用計画に反映させることができます。
また、売却者にとっても、問題があれば事前に対処することが可能です。

ホームインスペクションは購入や売却の前に行うことで、不安要素を排除し、円滑な取引を進めるための重要なステップとなります。

【契約後の方】
契約を結んだ後でも、引き渡し前の段階でホームインスペクションを実施することをおすすめします。

引き渡し前に物件の状態を正確に把握し、問題があれば売主や施工会社との調整が可能になるからです。
引き渡し後は、修繕や補修の責任範囲が限定されることがありますので、事前にホームインスペクションを行っておくことで、トラブルを予防することができます。

契約後の引き渡し前にホームインスペクションを実施することは、不具合や問題の早期発見と解決に役立ち、安心な取引を進めるための重要な手続きです。

①建物の基礎・外壁・小屋組等の構造耐力上主要な部分に係る部位

②バルコニー、屋根(げや等)、軒裏等の雨水の浸入を防止する部分に係る部位

③給排水等の赤水、水漏れ、変形、逆流、流れが悪いか、給排水管路に係る部位

④施工後の内装材、仕上材、仕上げ等に係る部位

⑤内外の建具の取付・開閉の状況を動作確認する建具に係る部位

検査項目イメージ
※オプションの検査項目はこちらからご確認いただけます。

建物状況調査の調査対象は建物構造耐力上主要な部分や雨水の侵入を防止する部分です。 これらの部分の状況を確認するため、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準と同等のものである既存住宅状況調査方法基準に従い、住宅の構造に応じた調査対象部位を調査します。

ア:構造耐力上主要な部分に係る調査対象

部位の例:基礎、土台及び床組、床、柱及び梁、外壁及び軒裏、バルコニー、内壁、天井、小屋組等

イ:雨水の侵入を防止する部分に係る調査対象

部位の例:外壁、内壁、天井、屋根等

検査対象部位

(※)建物状況調査の結果を活用して既存住宅売買瑕疵保険に加入するためには、住宅瑕疵担保責任保険法人の登録を受けた検査事業者の検査人が建物状況調査を実施し、建物状況調査の結果、劣化・不具合等が無いなど一定の条件を満たす必要があります。
※オプションの検査項目はこちらからご確認いただけます。

全域:
さいたま市、川口市、川越市、所沢市、越谷市、朝霞市、坂戸市、春日部市、戸田市、熊谷市、蕨市、鴻巣市、狭山市、草加市、新座市、上尾市、加須市、行田市、富士見市、本庄市、三郷市、深谷市、久喜市、和光市、桶川市、秩父市、飯能市、八潮市、ふじみ野市、北本市、白岡市、幸手市、志木市、東松山市、鶴ヶ島市、蓮田市、吉川市、羽生市、入間市、日高市










TOP