中古住宅に関わる検査 調査(インスペクション)から工事までの総合ワンストップサービスをご提供

TOP > 教えて!検NET > ノウハウ > 家の傾きの5つの原因とその許容範囲は?家の傾きが与える影響を解説!

家の傾きの5つの原因とその許容範囲は?家の傾きが与える影響を解説!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家が傾いているかもしれない」という不安に、あなたは今直面しているかもしれません。

この記事を読むことで、家が傾いていると、どのように住まいや生活に影響を与えるかが分かるでしょう。
家の傾きが健康や建物自体に与える影響、そして家の傾きをどのように測定、補修するかについての具体的な情報を提供します。

あなたの家を安全で健康的な空間に保ち、安心でストレスのない生活を送りましょう。


この記事の要約

  • 家の傾きは見た目のみならず建物の機能性や安全性に深刻な影響を及ぼす
  • 家の傾きの調査費用は一般的に約3万~10万程度
  • 家が傾いていると心理的・身体的悪影響も発生する恐れがある
  • 家が傾く原因は災害、経年劣化、構造問題と多岐にわたる

目次

家の傾きの原因は?

家の傾き

シロアリ

シロアリは木材を食い荒らし、家の基礎や柱を弱らせます。
基礎や柱が弱まることによって、家全体の重みを支えきれなくなり、傾きが生じることがあるのです。

シロアリの存在は見た目では判断しにくく、外見上は問題なく見えても、内部が脆弱化していることが多いです。

発見した場合には、すぐに業者に依頼し、被害部分の調査や補修・対策を行うことがおすすめです。
放っておくと、家の構造に深刻な影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。


地震による液状化

日本のような地震多発地域では、地震による液状化が家の傾きを引き起こす大きな原因の一つです。
液状化とは、地震の振動によって地盤が液体のような状態になり、その結果、地盤が家の重みを支えきれなくなる現象のことです。
特に砂質の地盤で地下水位が高い場所では、地震による液状化が容易に発生しやすいといえます。
液状化によって地盤が安定を失うと、家が均等に沈下したり、一部が傾斜することがあります。
この不均等な沈下が家の傾きの直接的な原因となるのです。

自然現象のため万全な対策を取るということは難しいため、地震発生後は専門家による詳細な検査を行い、影響を受けていないか確認することがおすすめです。


地盤沈下

地盤沈下は、家が建っている土地が時間と共にゆっくりと沈んでいく現象です。
これは地下水の抜取り、重い建物による負荷、あるいは自然の地形変化などによって起こります。
新しい開発地域や、河川の近く、軟弱な土壌の地域でよく見られます。

地盤沈下が進むと、建物の基礎が均等に支えられなくなり、家全体または一部が傾くことがあります。
これにより、扉や窓が正常に機能しなくなる、壁にひびが入る、床が不均等になるなどの問題が生じます。


老朽化

家の基礎や構造体の強度が時間と共に弱まる現象です。
特に木材の腐食や鉄筋の錆などが原因で、強度が低下します。
長期間の環境的影響(湿気、温度変化、害虫など)により、家の構造体が徐々に劣化し、結果的に傾きを引き起こすことがあります。
この傾斜は、ドアや窓の開閉不良、壁のひび割れ、床の歪みなどの問題を引き起こすことがあります。

必要に応じて補強工事やリノベーションを行うことで、安全性を高めることができますので、定期的に建物の点検を行い、不具合があればリフォームやリノベーションを検討しましょう。



構造的な問題

建物の重量に対して不十分な基礎設計などは、将来的に建物の傾斜を引き起こすことがあります。
一部の基礎に過度な圧力をかけていたり、施工過程でのミスや材料の不適切な使用は、建物の構造的弱点を生み出し、傾きの原因となります。

不均一な地盤の圧縮や、基礎の不適切な養生が、後に構造的不均衡を引き起こすのです。
見た目では分かりにくいことが多いため、専門家による定期的な検査が不可欠です。
建物の健全性を維持し、安全で快適に暮らすためにも一度検査をしてみましょう。



家の傾きの許容範囲

許容範囲

家の傾きってどのくらいまでが許容範囲?

構造耐力上主要な部分に瑕疵がある可能性があるのは下記のような数値になります。

①1メートルにつき3ミリ未満の勾配傾斜の場合は瑕疵がある可能性は低い

②1メートルにつき3ミリ以上6ミリ未満の勾配傾斜の場合は瑕疵がある可能性が一定程度ある

③1メートルにつき6ミリ以上の勾配傾斜の場合は瑕疵がある可能性が高い

しかし、この基準はあくまで目安であり、実際に違和感を感じる勾配傾斜は人によって異なるため、1メートルにつき3ミリ程度の傾斜であっても違和感や不快感を感じる方はいます。

一方で、1メートルにつき6ミリ以上の許容範囲を超える傾きがあっても、住んでいて不便を感じなければ、必ずしも補修が必要とは限りません。
傾斜の数値に関わらず、生活の不便や健康への影響などが生じている場合は、すぐに専門家による調査や修理を行うことをおすすめします。




家の傾きによる影響

影響に悩む男性

 

人への健康被害

傾いているだけだ。と見過ごされがちですが、家の傾きが及ぼす人への影響を見てみると、そのストレスは相当のものです。

・平衡感覚の問題
傾いた家では、日常的に不均衡な環境にいる状態になるため、住人は平行感覚に異常をきたすことがあります。
これはめまいや立ちくらみなどを引き起こす可能性があります。

・心理的ストレス
家の傾きは、不安定さや安全に対する不信感を引き起こし、精神的なストレスを増加させることがあります。
長期間におよぶストレス状態は、睡眠障害や不安症などの心理的問題を引き起こす可能性があります。

・身体的な不調
背中や首、腰の痛みなどの身体的な不調を引き起こすことがあります。
また、家具の不安定な設置は転倒や怪我のリスクを高めることがあります。

ご自身の健康を守るためにも、傾きが少しでも気になった場合は、傾斜の測定と補修を行いましょう。


建物への悪影響

・構造的な弱体化
建物が傾くと、その構造体に不均等な負荷が掛かり、時間とともに構造的な弱体化が進行してしまいます。
これは、基礎のひび割れや壁の亀裂、さらには建物の倒壊にも繋がる恐れがあります。

・扉や窓の開閉が困難
扉や窓の枠が歪んでしまい、開閉に問題が生じることがあります。
日常生活において不便でストレスを感じるだけではなく、地震や災害時など緊急時の安全性にも影響を及ぼすため、発生している場合は早急に対処しましょう。

・配管や電気設備の不具合
建物の傾斜は配管や電気設備にも悪影響を及ぼし、水漏れや配線不具合を引き起こす可能性があります。
修理費用が掛かりますし、安全上のリスクも生じさせる問題に繋がるでしょう。

建物の傾きによる影響は、見た目の問題にとどまらず、建物の機能性や安全性に深刻な影響を及ぼします。
建物の定期的なメンテナンスと、必要に応じた適切な修正を行い、安全で快適な生活を確保しましょう。



家の傾きの調査にかかる費用は?

費用イメージ

家の傾きを正確に把握するためには、検査会社による専門的な調査が必要です。

その調査費用は範囲や業者、調査項目によって大きく異なるため一概には言えませんが、相場は3万~10万円程度です。

また、傾きのみの調査でも良いのですが、もし家が傾いている場合、その原因や家に起きている他の不具合なども一緒に確認した方が良いため、ホームインスペクション(建物状況調査)の実施を検討してみてください。




家の傾きの測定方法は?

計測方法

家の傾きを測定する方法はいくつかあります。

ご自宅ですぐにできる方法としてはビー玉やゴルフボールなどの丸いものを床に置いてみるという方法です。
この方法では傾きの有無は確認できる可能性が高いですが、傾きの数値は分かりません。

次に比較的お手軽に行える方法は水平器を使用した方法です。
水平器では、床や壁の水平や垂直を大まかに測定できますが、この方法はあくまでも目安となります。

より精度が求められる場合は、レーザー測定器を利用します。
レーザー測定器は床や壁の傾斜をより正確に測定することが可能ですが、レーザー測定器は高額なもののためご自身で行うには少々ハードルが高いでしょう。


家全体の傾きを詳しく知りたい場合は、専門家に任せることを検討しましょう。
建物の傾きのみならず、構造的な問題を詳しく調べることができますし、気軽に相談できることもお勧めの理由です。



よくある質問

家の傾きの許容範囲はどのくらいですか?

1メートルにつき3ミリ未満が許容範囲です。

家の傾きが人の健康に及ぼす影響はありますか?

傾いた家は平衡感覚に異常を感じさせ、めまいや立ちくらみを引き起こすことがあります。
また、心理的ストレスや身体的な不調(背中や腰の痛み)も生じる可能性があります。

家の傾きが建物自体に及ぼす影響はどのようなものですか?

建物の構造的弱体化、扉や窓の開閉問題、配管や電気設備の損傷などが挙げられます。
これらは修理コストの増加や安全性の低下に繋がります。



まとめ

家の傾きは、住人の平衡感覚に影響を及ぼし、めまいや立ち眩みなどの健康上の問題を引き起こす可能性があります。
また、心理的ストレスや身体的不調も懸念されます。

住人への影響以外にも建物に対する影響も無視できません。
傾きにより構造的弱体化が進むほか、扉や窓の問題、配管や電気設備への影響が生じることがあります。

このように家が傾いていると、生活を送るにあたって良くない影響がたくさんありますので、傾きが気になりだしたらお早めに検査や補修を行いましょう。

その行動が家とあなた自身を守ることに繋がります。



検NETが選ばれる理由

選ばれる理由

検NETは、「建物調査業務」「雨漏調査業務」「リフォーム工事」の3つを柱に、ホームインスペクションから住宅履歴情報サービスの無料発行、建物に関わる法務相談、さらには検査に関するシステムの企画・開発まで、ワンストップで対応しています。

検査実績累計5.5万件以上! 検査から是正工事までしっかりフォローいたします。 ​​
ご自宅の売買を前提に実施されるケースが多いホームインスペクション(建物状況調査)では、居住中の住宅の検査が大変多く、検査員には技術以上にマナーや接遇が求められ、居住者の立場での理解が不可欠となります。

検NET(株)の5.5万件以上の実績は技術だけではなく、質の高い検査員教育の継続の賜物であり、検NET(株)の強みでもあります。
売主様へは検査員の素行やマナーが仲介業者のイメージへと繋がります。 我々の実績がしっかりフォローさせていただきます。

※検NETについて詳しく知りたい方はこちらから!
https://ken-net.co.jp/company.html

新築・リノベーション住宅を購入されるお客様へ 
 
漏水・雨漏の原因特定プロ集団


代表取締役社長
代表取締役社長松田 隆模

経歴

建築設計事務所にて中高層建築物を中心とした企画・設計・監理に従事。
2005年以降は不動産開発デベロッパーでマンションの企画開発を中心に、仕入・販売の活動を行う。
その後、確認検査機関にて営業戦略の策定、支店開設を行い、執行役員を経て検NET株式会社を立ち上げ、代表取締役就任。
一般社団法人全国住宅技術品質協会理事。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ













TOP